採用情報




代表者からのメッセージ

■ Clifixの特徴

当法人では、いわゆる「営業」活動を行っていません。新規のクライアントの90%以上が、既存のクライアントなどからのご紹介です。
このことが当法人の特徴を表していると考えています。


具体的には、次の2つです。

 ・ クオリティーの高いサービスを提供できる体制
 ・ 高いクオリティーのサービスを求めるクライアントの多さ

当法人のクライアントは、大手の金融機関、総合商社、日本を代表するようなIT企業から、有望なベンチャー企業まで様々ですが、こうしたクライアントの共通点は、「高いクオリティーのサービスを求めること」です。
この要求水準を超えるだけのサービスを提供できる会計事務所は少なく、その一方で当法人がその水準のサービスを提供できれば、当然、引き合いは増えるということになります。
言葉を換えれば、当法人が「真にクオリティーの高いサービスを提供している」ことを、お客様が認めてくれている証だと考えています。

クオリティーの高いサービスとは?

それでは、「クオリティーの高いサービス」とは何でしょうか。
いろんな切り口がありますが、ここでは3点、お伝えしたいと思います。

① 高度な事案に対するアドバイス

たとえば、再編や国際税務などには、税務の専門家でも難解かつ高度な事案があります。しかも、こうした案件は金額的にも影響が大きいことが少なくありません。
こうした事案に対するノウハウは、実際に担当者として経験する頻度に比例する部分がありますが、クライアントが中小企業主体だとすると、こうした事案に接する機会はほとんどありません。
当法人のクライアントは上場会社とそのグループ会社を中心としているため、スタッフのほとんどが、こうした事案に接することが多くなり、結果として、そのことが各人のスキルアップにつながっています。

② 税務と会計、双方のアドバイス

クライアントからの評価を大きく上げられる要素が、税務の知識に加え、会計の知識を習得することです。税理士で会計の知識を有している人、会計士で税務の知識を有している人はかなり限られているため、それだけ付加価値が増すことになります。
上場会社であれば不可欠な税効果会計の実務においても、会計と税務、双方の知識が必要となります。また、有価証券の評価損に関する基準は会計と税務で異なる部分があります。「税務だけしかわからない」では、クライアントの担当者のニーズを満たすことはできないのです。
税務の知識にさらに会計の知識が加われば、クライアントにとっては、非常に価値のあるものになるのです。

③ クライアントとの距離の近さ

スタッフにいくら高度な知識があっても、それを活かせなければ意味がありません。そのためには、クライアントの方が相談しやすい関係、会計事務所側はクライアントのニーズが把握しやすい関係の構築、距離の近さが必要となります。
Clifixとクライアントとの関係は、たとえば、クライアントの方が忙しくて業務が回らないときにはそのサポートをしたり、仕事が落ち着いたときには懇親会やフットサルの対抗戦をしたり、という関係です。そうした関係なので、クライアントの方は、ただの外部のアドバイザーというより、「身内に近い存在」と考えてくれているのかもしれません。
このような「お客様に寄り添う」当法人の姿勢が、さらに別のお客様をご紹介いただくことにつながっているとも言えます。

■ Clifixの組織・社風

Clifixの組織
1部から4部までの4つの部門に分かれており、各部にマネージャーが3~4名いるという構成です。各部門で、担当する業務や業種に違いはありません。
組織が縦割りでないので、法人・個人の業務、M&A、事業承継、IPOなど、関心がある項目に関わることができます。

Clifixの社風・離職率
仕事が忙しいときには、自然と助けあっています。仕事の進め方に悩んでいる若手がいれば、先輩が声をかけてあげています。それが、Clifixの社風であり、会計事務所業界の中でも離職率が低い理由だと思います。
また、法人としても、スタッフ同士の懇親を図るため、サークル活動を支援したり、あまり仕事で接点のない人同士の懇親会を行うなどして、アットホームな雰囲気を作る努力をしています。

■ Clifixの今後  ~2つの日本一へ

Clifixは、規模の面で、日本一になろうとは考えていません。
優れたスタッフが優れたサービスを提供して、クライアントから高い評価を受ける。その高い評価が自己のモチベーションとなって、スタッフがさらに成長していく、という循環こそが重要だと思っています。
そのために、クリフィックスは、規模ではなく、次の2つの点で日本一を目指していきます。

・(みなさんが)働いてみたいと思う会計事務所
みなさんが「ここの事務所で働きたい」と思う要素は様々だと思います。自分の成長が感じられる、希望のある将来像が描ける、会社の雰囲気がよい、待遇が良いこと・・・などです。Clifixは、こうした要素の1つ1つを高める努力をし続けています。現在、スタッフの定着率が高いということは、その成果だと思います。また、実際にこの目標を掲げてから、2倍程度の方からの応募をいただくようになりました。
今後もさらに努力をし続け、会計事務所業界の誰もが「クリフィックスで働いてみたい」と思えるような事務所にしていきたいと考えています。

・(クライアントが)仕事を依頼したいと思う会計事務所
「クリフィックスって、知り合いの会社で顧問を頼んでいるけど、いい事務所らしいよ」という評価を広めていきたいと思います。そのためには、知識の向上を図るとともに、潜在的なクライアントのニーズを把握する能力も必要です。Clifixは、こうした要素の1つ1つを高める努力をし続けています。実際に、誰もが知っているような企業から、「クリフィックスさんのいい評判を聞いている。今の税理士法人に支払っている顧問料より増額してもよいので、貴社にお願いしたい。」という評価をいただくこともあります。
今後もさらに努力をし続け、世の中の多くの企業が「クリフィックスに仕事を依頼してみたい」と思うような事務所にしていきたいと考えています。

このページのトップへ