採用情報

税理士/科目合格者 新卒/未経験者の方へ

1.Clifixはこのような方々に向いています

・ いろんな業務を経験したい方
税理士としての業務は様々です。法人に対する税務アドバイスのほか、M&Aにかかわるサービス、事業承継のサポートなど、それぞれに面白みがあります。それらを経験してみなければ、自分がどの業務に興味を持つのか、何を自分の強みにしたいのかが、判断ができません。
Clifixは組織が縦割りでないため、興味がある業務すべてを経験することができます。

・ 税理士としてトップレベルの力をつけたい方
たとえば、再編や国際税務などには、税務の専門家でも難解かつ高度な事案があります。しかも、こうした案件は金額的にも影響が大きいことが少なくありません。
こうした事案に対するノウハウは、実際に担当者として経験する頻度に比例する部分がありますが、クライアントが中小企業主体だとすると、こうした事案に接する機会はほとんどありません。当法人のクライアントは上場会社とそのグループ会社を中心としているため、スタッフのほとんどが、こうした事案に接することが多くなり、結果として、そのことが各人のスキルアップにつながっています。

・ クライアントから感謝されたいと思う方
誰もが名前を知っているようなクライアントに適切な税務アドバイスをして、先方から「先生、ありがとうございます。大変、助かりました。」と言われる自分を想像してみてください。「税理士になってよかった」と感じる瞬間だと思います。Clifixであれば、そうしたアドバイスができる実力を身につけられます。

2.成長支援

・ 各種研修と研究グループ
即戦力として「実務経験者」を優先して採用する傾向のある会計事務所業界において、Clifixは、これまで多数の実務未経験者を採用してきました。そして、そうした先輩の多くが大きく成長しています。Clifixでは、実務未経験の人でも、少しでも早く一通りの仕事ができるように、各種の研修プランを用意しています。
また、研究グループという制度も設けています。スタッフ全員が、事業再編、国際税務、事業承継、流動化などのうち、関心のある研究グループに属し、その分野の税制改正やトピックなどを検討するものです。ただ、研究するだけでなく、その分野の仕事の依頼を新たに受けた時には、その研究グループのメンバーに依頼するようにしていますので、実務も経験することができます。研究グループは毎年、好きな分野を選択できますので、自分が本当にやりたい仕事を見つけることが可能です。

・ 社風とメンター制度
実務を進める中で、未経験者の誰もが迷う点、つまずきがちな点があります。そうしたことを、自分の経験を踏まえて、先輩たちが進んで指導してくれる社風がClifixにはあります。
さらに、メンター制度を設けています。新人1人に、中堅のスタッフ1人がメンター(指導役/助言者)としてつくもので、仕事や人間関係など、なにか悩みがあったときの相談相手になります。

3.資格取得を応援

税理士試験の2か月くらい前から、税理士試験受験者の仕事の一部を、すでに合格している人が引き取ってこなしています。それは、その合格者もかつては助けられたことがあるからです。
また、試験直前の3~4週間はほぼ休めるように配慮しているほか、有給の試験休暇を勤続年数によって3~5日間、付与しています。

4.キャリアパス

入社1年目は、先輩の指導の下、クライアントの月次決算に関わる帳簿のレビューを行ったり、決算作業の一部を補助したり、1年の間に発生する様々なイベントを経験していきます。1年目はすべてが初めてのことなので、精神的に大変なこともありますが、それはみなさんが成長していることの証でもあります。
2年目は、自分の下に新人が入ってくるので、1年目よりも、少し難しい仕事を担当します。1年目では理解できなかったことでも、理解できるようになってきます。この頃には、小規模なクライアントの担当を任されるようになります。
3~4年目になると、基本的な業務は一通りこなせるようになっており、事業再編や国際税務などの難しい論点にも少しずつ関わり始めるようになります。仕事のやりがいも増え、クライアントから評価を受けることもあります。この頃には、上場会社の子会社などの担当を任されるようになります。
7~8年目になると、そうしたスタッフをマネジメントするポジションになります。クライアントからの重要な相談事項のとりまとめや、スタッフの作業のレビューなどが主な仕事です。この頃には、クリフィックスの組織運営(人事など)にも関与するようになります。

このページのトップへ